納骨堂に関する情報が満載!

日本ではさまざまなスタイルの埋葬方法がありますから、それぞれのスタイルの特徴をよくよく理解・把握したうえで、自分たちに一番合った方法を選択するのが正解だと言えます。中でも最近とくに注目されているのが「納骨堂」に遺骨を納めるスタイルですが、このスタイルを用いる際にもアクセス面だけでなく注意したいことや知っておくべきことは沢山あります。 こういったものにはデリケートな部分も含まれますから、正しい知識を身に付けて、自分たちできちんと納得してから利用することをおすすめします。

アクセスだけで選んではダメ!東京で納骨堂を探すポイント!

アクセスだけで選んではダメ!東京で納骨堂を探すポイント! 最近ではテレビや雑誌などのメディアでも多く取り上げられるようになったことで人気を集めている納骨堂ですが、自分が利用すべき場所を選ぶ際にはいくつかのポイントに気を付ける必要があります。
私たちはついつい家族が通いやすいという理由からアクセスのしやすさを重視してしまいがちですが、納骨堂によってサービス内容には多少の違いがありますから、その点にも十分に目を向けるべきといえるでしょう。
また納骨堂は管理期間があるものがほとんどですから、その期間がどれくらいなのかを事前に把握し、契約更新がいつになるのかについても知っておく必要があります。
納骨できる人数にも制限がありますから、その制限についても調べ、アクセスも含めて一番良い条件だと感じられる場所を選択しましょう。

納骨堂選びのポイント!優先順位を決めよう

納骨堂選びのポイント!優先順位を決めよう 昨今の少子高齢化の流れの中で子供がいないやいても遠方に住んでいるということで、お墓の維持管理に頭を悩ませている人が増えています。
こうした中で遺骨を他の人と一緒に納めるあるいは同じ納骨室に安置される納骨堂の利用が高齢者を中心にニーズが高まっています。
納骨堂の良さは、新たにお墓をつくる必要がなくそのため費用が安く抑えられるということや、未来永劫にわたり管理供養してくれるため先々子供や孫が絶えてしまった場合の心配をする必要がありません。
ただ、安いからといって先祖や自分の魂を供養してもらうところであるためじっくりと選ぶ必要があります。
まずその選ぶポイントは、交通アクセスが良いかということも大事でお参りできる子や孫がいる間は、なるべく便利な場所にあるほうが、何度も訪れてもらえるという利点があります。
また費用面でも、初めにすべて支払い後々の費用がかからない方がいいのか、ある一定の期間は管理料を支払う納骨堂の方がいいのかは、ただ安いというだけで判断できないものがあります。
そして最も重要なことは納骨堂を管理する寺院や霊園がどのようなところであるかしっかりとみることが大事になってきます。
交通アクセスや費用面など様々な面からまず優先順位を考えて慎重に選ぶことが大切です。

おすすめリンク

一般財団法人全国福利厚生共済会 新卒採用に関する求人・転職情報 | マイナビ転職

新着情報

◎2018/1/25

導入されている驚きのシステム
の情報を更新しました。

◎2017/10/25

納骨堂に収めるメリット
の情報を更新しました。

◎2017/8/31

どこが運営しているの?
の情報を更新しました。

◎2017/7/31

サイトを公開しました

「納骨堂」
に関連するツイート
Twitter

電車の納骨堂の広告、お墓に刻まれた文字が夢見家で「りあむ……お前……」と思ってしまう辺り、うちの中の夢見りあむ像が出来上がってる

人間ひとりがいくらの肥料になるかという量の問題ではなく、心がけの問題だ。火葬にして丈夫な骨ツボに納め、五階建ての納骨堂に納めて、どうしてご先祖さまが成仏できよう。人間みずからが自然の地水火風の不調和をつくりだしているのだ。(「自然のサイクル破壊」3/4)

Twitter松原日治の言葉@dissident_buddh

返信 リツイート 6:16

富士、富士宮、納骨堂と永代供養塔「暴雨襲来」 houtenji.com/blog/54061.html

納骨堂も圧巻だった。1200個くらいの頭蓋骨と骨がある、なんかもう神秘的でした。 pic.twitter.com/sld5JS1UE1

Twitterあすちょこ@London@asmchoco

返信 リツイート 4:29

納骨堂:スーパーで釜あげシラスを見たとき、木村が「こいつらこんな小さいけど普段何食ってんだろうな」って言ったら代々が「もっと小さいクラプトンじゃね?」って言い出して震えた。木村もすごい顔してた。逃げろエリック、逃げろ。

1ボス前のマップは 塁壁:レフェリーとカニバルがいるくせに2択スクロール2つある最貧ルート 納骨堂:長いが敵がチョロい、ナイフもボンバーもレフェリーもカニバルもいない 古下水:虫ゾンビさえ対処できるならこちらもチョロい上に自由スクロ4つだが、ボスが目玉確定 できれば納骨堂使いたいよな

罪人の道→牢獄の深部→納骨堂:リソースが一番多いが牢獄の深部が圧倒的に難しい 毒下水→塁壁:バランスが取れてるが納骨堂を使えない、あと毒下水の難度が高い 罪人の道→納骨堂:単純に牢獄の深部を省けるが自由スクロールが2つ少なくなる

返信先:@guccl_men_men 母の墓参りに妹弟で行きたい。 (親戚の事情で近くの納骨堂から県外のお墓へうつしたので中々行けない…)

歌碑建立は昭和11年。納骨堂建立も同年。大島神社造営(昭和15)が計画された年でもあった。1940(昭和15)年といえば皇紀2600年。天皇が神だったころ。 pic.twitter.com/M9EDl060WB

墓にお金をかけたくなければ、市の合葬墓か納骨堂